Web漫画

名もなき漫画描きが語る、つけペンのペン先の種類とか色々

つけペンの話をしよう。

こんにちは、七海です。

前回の記事で漫画を描くときに使う道具の話をしました。

今回はその中でもペン先についてすこーし掘り下げて書こうと思います。

ペン先には複数種類がありますが、私がメインで使っている「Gペン」「丸ペン」「かぶらペン」について見ていきましょう。

前回の記事はこちら。

漫画道具アイキャッチ
【初心者向け】漫画を描くときに使う道具たち紹介【アナログ】こんにちは、七海です。 「【アナログ】水色で描いた漫画の下書きは、画像補正で消せるのか」という記事で漫画の下書きに関わる実験をやりまし...

【1月27日加筆】

Gペン

まずはGペン。ペン先の表に「G」って書いてある(?)ので一発でわかります。もともとは英字を描くために使われていたペンです。

強弱のよくついた線が描けます。人物の輪郭などを描くのに向いているのがこれ。

描いてみた。

Gペンで描いたキンクマ

ちょっとだけミスしてます。

新品のペン先だと、割と細い線も描けます。

丸ペン

お次は丸ペン。正式名称は「マッピングペン」といって、本来は地図の等高線などを描くのに使われていました。

七海
七海
懐かしいなー等高線。

丸ペンは細くて繊細な線が描けます。髪の毛、背景などに使います。

少女漫画でよく使われているという話を聞いたことがありますが、作家さんによると思います。

ペンの感触がかなり硬いので、最初のうちはうまく描けずに苦戦します。長い時間をかけるか数をこなすかして慣れるしかないです。

こっちも描いてみた。

丸ペンで描いたキンクマ

最初はめっちゃ細い線が描けるんですが、使ってゆくうちに太くなってきます。どの太さでペン先を交換するかは、絵柄と好みによります。

かぶらペン

次はかぶらペン。前の記事の「つけペン」の写真の中で、一番軸が長かったやつです。

メーカーによって「スプーンペン」「タマペン」「さじペン」といろんな呼び方があるので、慣れないと混乱します。私なんて今でも混乱します。

Gペンより強弱のつきにくい、太めの線が描けます。文字が描きやすいのはこのペンかなと。

ところで、私はかぶらペンのことを最近までスクールペンだと思いこんでいました。

スクールペンの方も使う機会があれば、また使用感などを書きたいと思います。

これも描いてみた。

メーカーの表記は統一しましょう。あと、この時点で間違ってスクールペンと描いていますが、かぶらペンです。

これだけずば抜けて太いですね。

まとめ

今回はペン先のことを書かせていただきました。

説明をするうえで、「人物の輪郭を描くのに使う」とか「背景に使う」とか描きましたが、このへんの使い分けは人によって違います。

細かく使い分けをする人もいれば、丸ペン一本で描いてますという作家さんも意外と多いですし、Gペンだけ使ってますという人もいます。

というかそもそもつけペンを使わない、という猛者も……

ですが、最初はペンの練習だと思って、いろんなペンを使ってみるとよいですよ。

それではみなさん、よいつけペンライフを。

七海でした。

蛇足

ペン先は先がとがってて指などに刺さりやすいので、扱いには要注意です。

特に丸ペン。下手すると出血するのでほんと気をつけましょう。

ABOUT ME
蒼井七海
蒼井七海
漫画と小説とイラストをかくのが好きな人。 中学時代に個人サイトを作ったのがきっかけで、サイト作りやブログに興味を持つ。 身体障害(肢体不自由、視覚障害)持ち。