執筆とアート

日常生活では使わないけど、響きがかっこいい日本語10個!

物書き楽しいキンクマハムスター

こんにちは、お話を書くのが大好きな七海です。

小さい頃から物語を読むこと・書くことが好きな私でしたが、漫画・小説共に本格的に始めたのは中学一年生の頃。

そのときから今に至るまで、(主にネットで)ほそぼそと書いています。

いろんな物語を書いていると、ときどき、「日常生活では絶対使わないよね」というような言葉をしばしば使います。

ふだんの会話では絶対に使わない。けど文章ではガンガン使う。

なぜならかっこいいから。響きがものすごくかっこいいから。

というわけで今回は、そんな「日常生活では使わないけど響きがかっこいい日本語」を主観全開でとりあえず10個紹介します!

二字熟語メイン、五十音順です。

日常生活では使わないけど、響きがかっこいい日本語10個

1:悪童(あくどう)

いわゆる悪ガキ。悪さばっかりして手がつけられない子供のことです。

2:懊悩(おうのう)

悩んでもだえ苦しむこと。

個人的には「苦悩」よりさらに深い悩みの表現で使うことが多いです。

3:姦しい(かしま-しい)

(人の声が)うるさい、やかましい。

「女三人寄れば姦しい」という表現がありますが、うまいこと言ってるなあと思います。

4:剣戟(けんげき)

剣(つるぎ)と戟(ほこ)。もしくはそれを使った戦いのことです。
つまり漢字そのままです。

これをまとめているときに、「剣戟映画」というカテゴリがあることを初めて知りました。

5:顕現(けんげん)

姿がはっきりと現れること。

「顕現する」はファンタジーで使えるかも。

6:秀麗(しゅうれい)

ほかのものより立派で美しいこと。

「眉目秀麗(びもくしゅうれい)」という四字熟語もあります。

7:逡巡(しゅんじゅん)

決断できなくてぐずぐずすること。ためらうこと。尻ごみすること。

ほんとによく使います。うちの子どんだけぐずぐずしてんねんって話です。

8:端麗(たんれい)

顔が整っていること。美しいこと。

「秀麗」は男性的な美しさ、「端麗」は色気のある感じ(+主に人の容姿)、と私は使い分けています。

七海
七海
本来、性別で使い分けるわけではないみたいですが……

9:瞠目(どうもく)

目を大きく見開くこと。目を瞠(みは)るとも。

これも頻繁に使います。「目を見開く」という表現を使いすぎたと思ったときは、アクセントでこいつを投入します。

10:早鐘(はやがね)

火事・水害などの緊急事態を知らせるときに、激しく早く鳴らす鐘のこと。または心臓がバクバクしていることのたとえ。

これもよく使います。心臓バクバクしまくりです。

まとめ

日常生活では使わないけど響きがかっこいい日本語、とりあえず10個紹介しました。いかがでしたでしょうか?

難しい漢字や言いまわしが多いですが、知っておくと小説や新聞で見かけたときに、ちょっと楽しくなります。

お役に立てば幸いです。

七海でした!

それでは、また!

【自然編書きました】

物書き楽しいキンクマハムスター
日常生活では使わないけど、響きがかっこいい日本語10個!自然編こんにちは、七海です。 「日常生活では使わないけど、響きがかっこいい日本語10個!」の第二弾です。 今回は自然に関わる日本語...
ABOUT ME
蒼井七海
蒼井七海
漫画と小説とイラストをかくのが好きな人。 中学時代に個人サイトを作ったのがきっかけで、サイト作りやブログに興味を持つ。 身体障害(肢体不自由、視覚障害)持ち。